水道修理から給湯器の交換まで

必要な時に使えることは設備として重要な意味があります。トラブルを抱えていると使えない状況になってしまうことがあります。給湯器も同様で、使いたいときに使えることが重要です。水道からの修理も必要になることがありますが、状況によっては給湯器の交換も考えていかなければいけません。

■水の供給確認や日頃の点検が大切

給湯器は、水道から供給がしっかりされているかどうかが重要になってきます。よくあるのは、給水を制限してしまっている状況です。何らかの理由で止水栓を閉めっぱなしにして機能していないことはよくあります。水が供給されなければ給湯器は使うことができないのですから、日頃から点検しておくことが必要です。
他にも、本体が壊れてしまっているような状況も考えられます。水を使うため腐食もしやすい環境ですし、経年による劣化が原因で故障することもあります。

■部品の供給停止

給湯器に問題がある場合でも、修理ができないような状況が出てきます。部品があれば直すことができても、時間の経過とともに生産が終わってしまっていることもあります。一般的に、生産開始から10年もたてば、部品は生産されません。設置から7年程度経つと、部品もどんどんなくなっていくことになるでしょう。
こうなると、修理することができなくなっていくため、給湯器 交換を考える機会でもあります。現実的に直すことができなくなれば、維持管理は不可能となるでしょう。寿命のひとつとして考え、交換することも視野に入れましょう。

■まとめ
給湯器に限ったことではありませんが、部品の供給は無限に続くわけではありません。必ず止まってしまう日がきます。汎用性のあるパーツであれば、対応もできる場合がありますが、交換しなければいけないものの多くは、専用のパーツになってくることも考えておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ