ワンレバータイプの蛇口と水道の修理

最近増えてきた蛇口の形は、ワンレバータイプです。手がふさがっている状況でも、片手が使えれば、水もお湯も出すことができて便利です。可動部分も少なくなってくるため、掃除の手間も少なくなります。しかし、ワンレバータイプは弱い部分もあるので故障もしやすいことを理解しておかなければいけません。

■どうしても弱いレバー部分

蛇口 交換といったことが必要になってきた場合には、分解しなくてはならないことも出てくるでしょう。ワンレバータイプの大きな問題点は、どうしても破損しやすい部分を持っていることです。
レバーハンドルを自由に動かすことができる反面で、水道の蛇口としてどうしても力がかかります。これが破損の原因になってくることになり、状況によっては蛇口 交換にもつながる場合があります。トラブルとして対処する時には、止水栓を閉めてから交換を行うことが重要です。

■カートリッジの交換ができるように

ワンレバータイプの場合、カートリッジの交換で水漏れを止められる場合もあります。修理が自分でできないほど複雑ではないため、一度分解してみるというのも方法の一つです。健全な状態で分解すれば、どんなものが使われているのかもわかるでしょう。取扱説明書も付いているはずですので、構造もそこからわかります。トラブルが発生したときでも、経験があれば対応ができるようになります。構造的に弱いレバー部分も分解してみると状況がわかります。

■まとめ
メンテナンスをしていくことで、大きな修理にならないようにすることも可能です。分解して掃除をすることも必要ですし、部品を覚えておけば、いざというときにすぐに購入することができるので安心です。前もって購入しておき、いざというときの水道修理に備えるといったこともできます。自分で修理することができれば、修理費を抑えることもできるので、構造を覚えて部品の交換などにトライしてみるのもいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ